NEWSお知らせ

2020.03.17

NEWS

CTイベント

5/24 ブレード・オブ・ザ・ドラゴン / “Blades of the Dragon” Tournament

ブレード・オブ・ザ・ドラゴン

〜HEMA中世の剣術を現代に蘇らせたヒストリカルなスポーツ

ライトバトルとは、中世のバトルテクニックを使用したスポーツ(Medieval Battle Sports)のうち、ロングソード(両手剣)やソード&シールド(片手剣+盾)、ポールアーム(槍または鉾槍)を使い、鎧を着けずに戦う剣術スタイルです。

25kgから30kgもの鎧を着て戦うアーマードバトルに比べ、平服を想定したフェンシングジャケットはわずか2~4kg。その分、スピードは上がり、肘や手首のしなやかさを生かした繊細なテクニックも数多く登場します。
ライトバトルトーナメントは、すべてデュエル(決闘)形式、すなわち1対1で行います。鎧を脱ぎ捨てた騎士たちの、華麗な剣技の数々をぜひお楽しみください!

 

ブレード・オブ・ザ・ドラゴン 2020
開場:11:00 ( 参加資格ミーティング)
開始:12:00 
参加費:ティンタジェル会員;1500 (税別) 
    非会員:3000円(税別)
<装備>
剣:シンセティックソードとソフトポールアームのみ。
安全装備:
マスク(マスクバック付き)
股間カップカップ(必ず服の下につけること。)
胴の防護服
膝と肘の防具
手の防具
ゴルジェ

<注意>
 ① 金属製の防護具(金属製の甲冑)は 使用しないようお願いします。
   シンセティックソードを痛めると判断された場合、許可されません。
② レンタル装備の数は限られていますので、共有して使用ください。
③ 股間カップは必ずご用意ください。レンタルはありません

 

<参加資格>>

ティンタジェル会員(MBSランキング参加の全ての会員)。
ルールはアドバンスルールで行います。そのため、ライトバトルフェンサーランク1、または騎士道ノービスの会員は、次のことが参加条件となります。
1)事前にヘッドマーシャル(ジェイノイズ)の許可を得てください。
  支部のノービス会員は支部のインストラクターの推薦を受ける必要がありますので、インストラクターにまずは相ください。
2)当日の午前11時に参加資格審査を行いますので、必ず出席してください。そこでメインマーシャルが最終的な決定をいたします。
特別ゲスト枠の選手も、午前11時の参加資格審査に参加する必要があります(十分なスキルを判断するため。初心者は参加不可)。

<ルール>
試合は全てセルフジャッジ(アシスト付き)で、アドバンスベーシックルールによる決闘方式で行われます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

<スケジュール>

11:00 開場 & 資格審査
12:00 オープニングセレモニー

12:30 ウォームアップスパーリング:ソード&シールド
1:00 トーナメント:ソード&シール(大きい盾)部門

1:45 ウォームアップスパーリング:ソード&バックラー 
2:15トーナメント:ソード&バックラー部門

3:00 ウォームアップスパーリング:ポールアーム (スカラーおよびアドバンススカラー限定)
3:30トーナメント:ポールアーム部門

4:15 ウォームアップスパークリング:ロングソード
4:45トーナメント:ロングソード部門
5:30グランドチャンピオン・トーナメント:各トーナメントの勝者による優勝決定戦

ラウンド1:ソード&シールド
ラウンド2:ソード&バックラー
ラウンド3:ポールアーム
ラウンド4:ロングソード

■試合は「ライン・オブ・デス」形式の総当たり戦
自分の番での勝利のみがポイントとなり、最多ポイント獲得選手がトーナメントチャンピオンとなります。相打ちの場合は両選手ともにマイナスポイントにカウントされます。

6:00 閉会式

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(説明)
1)アシスト付きセルフジャッジとは
 選手自らが、相手からの攻撃を判定(ジャッジ)しコールする判定方法。
2) ルール:アドバンスルール
 腰より上へのキックや、コントロールされた投技は用いることができます。 パンチは許されていませんが、顔面への軽いポンメルストライクまたは軽いシールドパンチ(マスクを動かすのに十分な強度)は認められ、1ポイントとなります。

===============================

Blades of the Dragon 2020

Date:  May 14th 

Equipment: Synthetic swords  and padded polearms only.

  1.  Metal protection (metal armor) is strongly discouraged and may be disallowed if judged to be too damaging to the synthetic weapons.
  2. There is a limited amount of loaner equipment. You may have to share. 
  3. Please bring your _own_ groin protection.

 

Safety Equipment:
Mask (with back)
Groin protector (hidden)
Torso protection
Knee and Elbow Protection
Hand Protection
Gorget

Charge: Member 1500 yen + tax  / Non-member 3000yen + tax

 

 ■Schedule ■

11:00 Open Doors and Qualify Guests.

12:00 Opening Ceremony

12:30 Warm up sparring: Sword and Shield
1:00 Tournament: Sword and Large Shield – assisted self-judging, Advanced Basic Fencing Rules

1:45 Warm Up Sparring: Sword and Buckler. 
2:15 Tournament: Sword and Buckler  – assisted self-judging, Advanced Basic Fencing Rules
3:00 Warm Up Sparring: Pole Arm – (limited to scholars and advanced scholars only)
3:30 Tournament: Pole Arm – assisted self-judging, Advanced Basic Fencing Rules

4:15 Warm Up Sparring: Longsword
4:45 Tournament: Longsword – assisted self-judging, Advanced Basic Fencing Rules
5:30 Grand Champions Tournament: Winners of Previous Tournaments Fight Each other.The Fighter with the most wins will be Tournament Champion. – assisted self-judging, Advanced Basic Fencing Rules
The fight will be “Line of Death” style. In each fighter’s turn the victories will be counted, Victory will be determined by the total number of victory points. Double Kills will count as negative points _against_ both participants.

 

Round 1: Sword and Shield
Round 2: Sword and Buckler
Round 3: Polearm
Round 4: Longsword
6:00 Closing Ceremony.

※Note:

  1. Assisted Self-Judging: This means that the fighters are expected to call attacks against them.
  2. Rules are Advanced rules: kicks to the body above the waist and controlled throws are allowed. Punches are not allowed, but light pommel strikes or shield punches (just strong enough to move the mask) are allowed to the face for 1 point.

 

Qualifications to Participate:

Tintagel Members (all grades, depending on tournament). As the rules are Advanced Fencing rules, Rank 1 Light Battle Fencers or Novice Kishido students must:
1) Get permission in advance from head Marshal (Jay). For Branch class Novice members, they will need to talk to their instructor (Felix) and get a recommendation from him.

2) Attend the 11am qualification meeting, after which the main Marshal will certify their permission to participate.

Special Guests must also attend the 11 am qualification meeting. (must be examined for martial to determine sufficient skills. No beginners)